契約書作成


海外あるいは国内の取引を問わず、契約はビジネスの基本です。契約は原則として口頭の約束だけで、特に契約書を作成しなくてもお互いの意思表示が合致すれば成立しますが、契約書を作成することを面倒くさがり、契約を口頭あるいはFAX・Eメールの約束だけで済ませると、後日取引先との間でトラブルが発生したときに契約書がないため、そのトラブルを解決するために時間や費用がかかり、余計な損害を被ることになります。

契約書を作成するメリット


契約書を作成するメリットとしては、次のようなものがあります。
  • 合意内容が明確になる。
  • 契約の存在や内容が証拠として明らかになり、立証が容易になる。
  • トラブルになりそうな事項やトラブルが発生したときにどのように解決するかを契約書に定めておくことにより、紛争を未然に防止することができる。

契約書の審査


また、取引先から提示された契約書の内容を特に審査せずに自社に不利益な条項を見逃して契約書に署名あるいは記名押印してしまうと、トラブルが発生したときに自社に不利な解決になったり、思いもよらない損害を被ることにもなりかねません。
そのため、お互いの権利義務関係を明確にし、将来の紛争を予防し、リスクを軽減するために契約書を作成し、また取引先から提示される契約書を審査する必要があります。



当事務所では、各種契約書の起案・作成・審査についてサポートします。

和文契約書の例:
売買契約書
金銭消費貸借契約書
賃貸借契約書
ソフト開発委託契約書
製造委託契約書
抵当権設定契約書
ライセンス契約書
秘密保持契約書
著作権契約書
離婚協議書
その他

お気軽にお問い合せください。